※記事のURLの一部は広告を含みます。

画像のうち一部が正しく表示されていない期間がありました。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

Obsidianでnode_modulesを検索などから完全に除外する方法の絵文字

Obsidianでnode_modulesを検索などから完全に除外する方法

2022-08-19

2024-04-23

はじめに

huskyなどでcommit時にフォーマットをかけるためnodejsを動かさざるを得ないのですが、検索に出てきて邪魔すぎるので、自分なりに考えて対処しました。

node_modules を完全に除外する方法

何もしない場合、このように検索結果などに出てきてしまいます。

これから解説するステップを踏むことで、以下のようになり、node_modulesを無視できたことが分かります。

ステップ 1:設定を変更する

画像のように、OPTIONSFiles & Linksの項目のDetect all file extensionsをオフにする。

Detect all file extensionsをオフにする

これにより、*.mdしか認識しなくなります。

ステップ 2:node_modules 以下の md を削除する

ルートディレクトリに node_modules がある前提で行います。

terminal
1rm -rf ./node_modules/**/*.md

こうすることで、全てのライブラリのマークダウンファイルを消し去ります。

なんらかのタイミングでモジュールを入れ直したらなら、再度動かしてください。面倒なら、シェルスクリプトにまとめて、プレコミットとして動かしてもいいかもしれません。

補足

以下のように、OPTIONSFiles & Linksの項目のExcluded filesで指定すれば良いだけじゃないの?と思うかもですが、無理です。

Cmd/Ctrl + Oで使っているQuick Searchでは検索対象になります。そのため、ステップ 1,2 を踏んでもらいました。

Excluded filesの設定

おわりに

これで便利になりましたね、以前試行錯誤していて自力で発見したので共有でした。




共有する